the 雑念

葉一用。とりあえず日記

5/1 きっと何者にもなれないお前たちに告げる

【私と弟について】改元したらしい。伝聞調なのは実際に目で見て確かめていないからである。何となく正月のような雰囲気があり、スーパーの総菜売り場なんかも賑やかであった。そういえば、年末年始に父親が家に居たことがなかったなと思い出す。父親もまた…

4/22 あなたのために歌うことがこんなにも辛いことだなんて

子供じゃないので夜中にもお菓子を食べるよういちです。 ※出先でメモりながら文章を書いているので校正はおろか、後悔をする余裕もない文章となっております。 【恢復について】 色々な業務が重なり、久方ぶりの休みとなった。何をするわけでもなかったが、…

3/4 好きな漫画は何?って聞いたら『ビリーバーズ』って即答する女の子となら結婚したい

【TSUTAYAについて】5年ぶりにTSUTAYAに行った。〜回想〜5年前のある日、私は研究室でファミマのエクレアを食っていた。レジが混んでいたので、ビニール袋にレシートとTカードを入れて足早に退店したのだが、それらを財布に戻すことなく、ついにはエクレアの…

読書感想文004:『デンデラ』佐藤友哉

〇感想文について冒頭にあるけれどここは一番最後に書いている。振り向けば佐藤友哉の悪口だらけになってしまったので、それなりに反省はしているのだが、佐藤友哉のファンの方なら多分「分かる」と言ってもらえるのではないか、とも思っている。絶版となっ…

2/10 先輩がスティック糊取り間違えてリップクリーム茶封筒に塗りつけてるの見て自分はあと10年くらいはクビって言われないだろうなと思った

○美術館について 仕事が閑散期となり、休日に暇を持て余すことが多くなった。とはいえ、業務の性質上長期の休暇を取るわけにもいかず、遠方へ旅行に行けるわけでもないので引きこもりが加速する日々である。近場で時間の潰せそうなところを調べていると、転…

読書感想文003:『しゃべれども しゃべれども』佐藤多佳子

○感想文について多分飽きると思う、と思いながら始め、もう早々に飽きてきたのだが、記録せずに本を破棄することも惜しい。板挟みである。10番代までは既に読了ストックがあり(読むスピードと書くスピードの差が大きすぎる)、一体私は何をしているだろうかと…

読書感想文002:『百鬼夜行シリーズ』京極夏彦

〇ごあいさつ 明けましておめでとうございます、と言う機会に乏しかったのでここでも言ってみた。クリスマスも年末年始も特段のイベントも無く、平坦な毎日が続いている。でもなんか今年はみんなあんまり盛り上がってなかったよね、と思ったりする。きっと20…

読書感想文001:『岳』石塚真一

〇ここまでのあらすじ本が多すぎるので捨てることになったが、いざ捨てる段になってごねたのであった。 〇弟の提案「感想文をしたためてから本を捨てればよいのではないか」と弟は言った。喪の作業(モーニング・ワーク)である。「幸いにして貴方は文章を作成…

11/10 幼年期と本棚の終わり

そういえばはてなブログをやっていたのだと思い出す。前回のエントリーを見て、月日は早く、残酷なものである。などと思う。 最近とみに本を読むようになった。捨てたいのである。これくらい圧縮しても物事が十全に伝われば良いなと思う。というのも、これ以…

3/6 【感想文】シェイプ・オブ・ウォーター

※そういうブログじゃない。 ○シェイプ・オブ・ウォーターを観た 私はギレルモ監督をものすごく贔屓にしているので、シェイプ・オブ・ウォーターも無論楽しかった。そうした気持ちをしたためる他ないと思い、このようにメモ帳を起動している次第である。良い…

6/10 「男性は、コツさえつかめば、操縦は簡単です。男というものはもともと不安定な生き物で、とくに家庭の中では矛盾に苦しんでいるので、この矛盾をじょうずに利用するのです。」

【私のことについて】自分語りをすることについて、それほど良い印象を持っていない。自分の来歴がそれほど面白いものだと思わないからだ。性的な志向もこんな感じであるし、実際、個人的な情報が割れるのも好ましくないので、他者と楽しくコミュニケーショ…

5/21 「本物」の神はこの広い宇宙のどこかに隠れ 我々の苦しみを傍観している いつまでもそれを許しておけるほど 私は寛容な人間ではない

【近況報告について】 ほぼ1年ぶりの投稿であるが、その間に私は働いたり、出張したり、学会に参加したり、転勤のため引っ越しをしたりしてそれはもう大変な面倒を山ほど抱えて歩いてきたところである。ようやく年度初めから一通りの業務を覚え、余暇を捻出…

8/6 『もしかすると強靭さとは、自信や力や技などよりも、そういった穏やかさに宿るのかもしれないな』まで引用しようと思ってどの本で読んだ文章なのか忘れちゃった

【ご無沙汰について】2か月ぶりなのである。これには深い理由がある訳でもなく、ただ単に『自分がブログを書いていたことをすっかり忘れてしまっていた』ということに起因する(ポンコツか)。特段、待ち望んでいる読者がある訳でもないのだろうが、自分の考…

6/5 買い出しにて 同期氏「なんで1人1袋オレオ食べきる想定で買い物してんだよ」僕「えっ」同期氏「えっ」僕「1人1袋食べないの???」同期氏「お前もう買い物やめろ」

【関係性について】毎日書きたい、ということだったがしばらくぶりになってしまった。研修の山場に加え、友人の入院などの色々が重なってしまったのであるが、まあなんとか無事である。疲れ果てていたからか、今日はほとんど布団から出ていない。独りきりの…

5/23 僕「実際空気の綺麗さというのは人間のどの知覚に働きかけてそう実感せしめるのか考えたことはあるかい?」同期氏「ない」僕「持論では視覚」同期氏「やめるんだ」

【遠足について】ということで、研修のカリキュラムの内容に遠足のようなものが含まれているのでそれに来ている。慌ただしいことである。疲れからか黒塗りの車にぶつかりそうな感じである。ところで、同期のB氏の体調が優れず、遠足先に着いて数分で強制送還…

5/22 弟「You may die in my show」僕「Vシリーズなら朽ちる散る落ちるが好き」弟「握手」

【回想について】労働、と言ってもまだ1ヶ月半くらいしか働いていないし、研修ばかりなので特にこれといった仕事もしていない。掃除の仕方とか、報告書の書き方とか、法律とか、そんなことばかりが山のように押し寄せては毎日が過ぎていくというような感じだ…

5/21 店員「どんなのをお探しで」僕「壊れないの」店員「……使い方によりますね」僕「修理に持ってこられるのが少なくて、カスタマーサービスへの問い合わせが極力少ないもの」店員(絶句)

【理論値について】たまには真面目なことを話そう、と思っているのだが今の今まで一度たりとも真面目だった試しがないので手持ちの話がない。昨日は同期の飲み会が例の如く開催されそのまま眠りに落ちてしまった。その中でこんな話を聞いたように思う。同期…

5/19 僕「今日何日?」同期氏「19日」僕「素数だ」同期氏「もうやだなんなのこわい」

【勉強について】勉強が嫌いな人間であるがそれ以上に負けず嫌いな人間でもあるので、いよいよ困難なテストを控えた前日こうして少し夜更かしをして課題に当たっている訳である。一夜漬けという勉強法は平たく言えば全習法に当たる訳で、分習方より短時間で…

5/18 先輩「研修は五体満足で帰ってきてくれれば文句なしだから」僕「わっかりました」同期氏「もう既に心がやばいです」先輩「薬キメろ」

【飲酒について】前日に引き続き、今日も飲み会である。毎日毎日飲み会である。すごい。体力が保たない。たっぷり寝てたっぷりぼんやりすることでパフォーマンスを維持している。風邪や偏頭痛、下痢といった諸症状が研修員の中で横行し始めているが誰も気に…

5/17 眠すぎて顔面にiPhoneを落とす刑に処せられている

【飲酒について】ささやかなパーティー的なものが催されたのだが、パーティー嫌いの私としては苦難の連続である。何故週の半ばに開催するのか小一時間問い詰めたいところだが、とにかく飲酒量が大変なので現在も酔っている状態でこれを記している。眠たい。…

5/16 僕「今日も草刈りから1日が始まる」同期氏「とてもつらい」僕「毎日毟られても生き生きと育つ草に何かしらの含蓄を見出しそうになる」同期氏「考えない葦になりたい」僕「そんなんただの葦じゃんもう」

【給与について】お給料が出たのである。明細を貰って初めて気がついた。カードの引き落としと時間差があるので、なかなかお金持ちになったような錯覚に陥るが、この調子で浪費すると月末に泣きを見るのは明らかなので慎重を期すこととする。椅子も買ったこ…

5/15 母「自転車使っていいけど使ったら空気入れといてね」僕「使わない」母「じゃあ使わなくていいから空気入れといて」僕「なぜなのか」

【予定について】休日は布団の中で予定を立てる。大概それは上手くいかないものなのだが、便宜上1日を生きる上でのモラルの最低ラインを割らないよう計画を立てるのである。今日は残念ながら上手くいかない1日だった。洗濯物は乾かず、クリーニングの受け取…

5/14 僕「多幸剤ってどれくらい効くのか試してみたいよね」同期「マッドサイエンティストかよ」僕「普段から幸せならあんまり効果ない訳でしょ?相対的に現在の不幸をどれくらい感じているのか測定できる」同期「マッドサイエンティストかよ……」

【椅子について】椅子がとうとう我が家にいらっしゃった。組み立てるのに苦慮したが、素晴らしい座り心地である。ああ、なんて素晴らしい家具なんだ、と私は嘆息したのである。床が多少傷付くことなど瑣末な問題に過ぎないのである。社宅だし。敷金払って出…

5/13 弟「結婚する夢見たんだけど」僕「寝言は寝てから言って欲しいんですけど」

【失敗について】花金ということで今日も飲み会に出かけたわけであるが、結局書類も書けず勉強もできず洗濯もできないという多重苦の中、疲れた体を布団に横たえているわけである。無論、このままで良いわけはないのだが、致し方ないところもあり、大人しく…

5/11 今日の食事→から揚げ弁当、フライドポテト、ドーナツ 同期氏「見てるだけで胸焼けしてきた」

【ねむたみについて】講義中のうたた寝が止まるところを知らない。見つかると超怒られるので、適度に適切に分割して寝ているのだが、これがまあバレないのである。バレてしょっぴかれていく人を見るにつけ、ラッキーとしか思わない辺り相当頭がやられている…

5/11 僕「人生における野望ってあるじゃん?」同期氏「ボスかよ」僕「人間は誰しも自らの主人なのである」同期氏「トートロジーじゃん」僕「豚トロ食べたい」同期氏「難聴か」

【中日について】週の中日というのが一番やる気のない日になりがちなのは昔からの習わしである。水曜日を愛せない。これを乗り越えてもまたあと半分残っているのである。おかしい。理不尽だ、と呟いてみる。当然のことながら、周囲の同期たちは誰もそうは思…

5/10 同期氏「この世界は間違っている、といつも思っていたが今日その歪みのようなものが明確に分かった。まずお前の存在な」僕「ソレスタルビーイングされちゃう」同期氏「俺は……嫌だね……」

【テストについて】全然知らなかったのだが、テストで悪い点数を取ると研修所の掲示板に名前が張り出されるシステムであるらしい。「ふーん、そうなんだどれどれ見てやろう」と自分が絶対にそこに乗らないだろうことを確信したついでに好奇心でそれを覗いた…

5/9 僕「という夢を見た」同期「それはフロイト的な解釈からすると」僕「やめて」同期「いや、集合的無意識の観点から考えれば」僕「ほんとやめて」

【午睡について】昼休みに午睡を取ろう、と思い立ちデスクに伏せていたのである。本当はリノリウムの床に寝転がりたい気持ちはあるのだが、まともな精神を持っているのでやめた。事務机で寝る、というのはちょっとしたコツが必要なのだが、その真髄を文章上…

5/8 僕「3食カロリーメイトで良いから朝昼の食事をやめてほしい」同期「過激派だ」「危険思想だ」

【日曜の夜について】サザエさん症候群、なんて単語をふざけて作ってしまう愉快な日本の心理学であるが、私は逆にテンションが上がるタイプの人間である。人がテンションを上げている時に下がり、人のテンションが下がっている時に上がる天邪鬼が私だ。とい…

5/7 階段から転げ落ちる芸風で24年間やってきましたがとうとう左足首が逝きました

【観劇について】言うほど観に行くことはないが、舞台を観に行ったのである。森見登美彦原作の舞台であった。私はその昔、熱心な森見登美彦ファンだったのである。恋文の技術までは全て新刊を追っていた(それ以降はハードカバーの本を借りる機会が減ってしま…